結婚の適齢期とは

結婚適齢期とはいつか

トップ

結婚の倦怠期情報

何回かある結婚の適齢期

結婚の時期は自由ですが、目安の時期はあります。24歳ごろ、特に学生時代から交際している人たちに入籍の話が出やすいです。近年の第一子出産年齢が26歳ごろとなっているのはこの影響でしょう。28歳ごろにも、交際相手やお見合い相手との縁談が持ち上がりやすいです。社会人として安定してくることと、出産適齢期が漢方では28歳ごろとされていることで、自然と家庭を築きたくなるのでしょう。32歳ごろにも縁談が来やすい傾向があります。周りがパートナーといる様子を見て意識しだしたり、周りから人を紹介されやすくなったりするようです。40代以降に良縁に恵まれる方々の場合、独身の人生設計と結婚した場合の人生設計を両方見つめることが出来たときという傾向があります。適齢期は何回かきますが、その都度意味が変わります。

フォトウェディングを行うならこちらがおすすめです。和洋どちらの衣装にも対応、お得な値段で両方の写真を残すことができます。ヘアメイクやドレス選びもこちらから。

適齢期について考える

ひと昔前までは、女性の結婚適齢期は、クリスマスケーキに例えられたものです。「24までは高く売れ、25過ぎれば半額以下」なんて失礼なことも言われていましたが、男尊女卑もいいところです。最近は、女性の社会進出とともにに晩婚化も進み、結婚適齢期なんて言葉は死語になったようです。しかし、出産となると話は変わってきます。女性の体は、年を重ねるにつれ、次第に妊娠しづらくなるのです。もし、出産をしたい、子供が欲しいとお考えなら、時期というものについて考えた方がいいかもしれません。見た目がどんなに美しく若々しい人であっても、体は着実に年をとっていきます。