結婚指輪の本来の意味

結婚指輪に関しての情報

トップ / 結婚指輪に関しての情報

結婚の倦怠期情報

なぜ結婚指輪を贈るのか

結婚に関する指輪は2種類あります。婚約指輪(エンゲージリング)は婚約の記念としてお互い贈りあう指輪で、プロポーズの時などに渡す指輪のことです。一方結婚指輪(マリッジリング)は結婚式の時に新郎新婦が交換している指輪です。この二つの指輪はわざわざ分ける必要はないようにも感じますが、きちんと意味があるのです。婚約指輪は男性から女性への愛を表現するという意味合いがあり、結婚指輪はパートナー同士が身に着ける指輪なので、2人の誓いや想いを込めた指輪にすることができます。

カルティエの婚約指輪

カバンや服飾まで幅広い分野で人気のカルティエは宝石ブランドとしてスタートし、プラチナを貴金属として扱い始めたことでも有名です。婚約指輪として頂くことは全ての女性の憧れです。ダイヤの品質にこだわり、引き立たせるシンプルなデザインが拡張の高さを物語ります。1895年から受け継がれる基本の美が香る名品ソリテール、組み合わせの美しさを表現しているバレリーナなどカルティエの婚約指輪はかけがえのない宝物となるでしょう。